馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 予防治療について > PMTC治療のご案内
予防治療について

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)治療のご案内

お口の2大疾患(ムシ歯と歯周病)の原因は歯垢(細菌の塊)です。歯垢(細菌の塊)をとることをプラークコントロールといいます。プラークコントロールを実践するためには毎日のブラッシングが大切で、日々ご自身で行うことがセルフケアーのひとつといえます。

セルフケアーですべての歯垢をとりきる事が理想ですが、現実にはなかなか上手くはいきません。そこでセルフケアーで十分にプラークコントロール出来ない部分をサポートするのがプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング PMTCです。

PMTCは、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌の塊)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する行為をいいます。

ムシ歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。前述の唾液検査の判定のもと各々のリスクに応じた間隔でPMTCを受ける事でムシ歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。

当院の臨床結果からも、ムシ歯の抑制効果および歯周病の進行抑制効果があるといえます。


PMTCによって得られる効果

歯周疾患の改善及び進行防止

ご自身では、磨きにくい部位の歯垢(細菌の塊)を完全に除去し,歯肉の状態を健康にする。


ムシ歯予防

ブラッシングだけでは落とすことの出来ない歯垢(細菌の塊)を破壊し,フッ素塗布で歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎムシ歯の発生や進行をおさえる事が出来ます。


歯質の強化

歯垢(細菌の塊)を取りきった歯の表面に直接フッ化物入りペーストを用いることで歯の再石灰化(歯を強くする)を促進することができます。


審美性の向上

ステイン(タバコのヤニ、コーヒー、お茶などの着色)を除去し、光沢のある歯の表面を回復することができます。


二次的効果

PMTCは歯や歯肉のクリーニングを専門の器具を使って慎重かつ丁寧に行いますから,痛みを伴わず、とても気持ちがいいものです。その結果として歯科医院は,痛い、怖いところではなく,お口の中が爽やかになり,気持ちいいところであると実感して頂けます。

定期的にご来院いただくことで、お口の健康に対するモチベーション(予防やケアが大切であるということ)の維持、向上につながります。


当院が運営するPMTCブログのご紹介

PMTCを担当する歯科衛生士によるブログです。患者さまからのご質問や日々の出来事についてお話します。

PMTCの歴史

PMTCは、1971年に北欧のアクセルソン博士により提唱され、日本へは彼の片腕である歯科衛生士ニーストレン女史によって普及され、彼らの手によるPMTCの予防効果の長期的な研究は、現在も続けられています。


アクセルソン博士 Per Axelson D.D.S., Odont.Dr.
1960 王立ストックホルム大学歯学部を卒業
公的医療機関にて障害者歯科・予防歯科に従事
王立イエテボリ大学歯周病学教室にてリンデ教授に師事
1978 Ph.D取得
カールスタッド市歯科保健センター所長、歯科衛生士学校校長を兼務
予防歯科クリニックを開設
1989~1998 イエテボリ大学歯学部予防歯科主任教授

「ミスター・プリベンション」と呼ばれ、各国の公衆衛生に多大な影響を与え続けている。l979年、彼によって計画され、導入された予防プログラムは、6年後に3歳児の被ウ触率を80%からわずか4%へと引き下げ、現在も講演等で活躍


ブリギッタ ニーストレン女史 Birgitta Nystrom
1965 スウェーデン ボーデン・デンタル・ナース・スクールを卒業
1972 スウェーデン ルンド大学歯科衛生士学校を卒業
アクセルソン博士の予防歯科クリニックに勤務

アクセルソン博士の片腕であると同時に、各国でPMTCインストラクターとして精力的に活動。日本では1992年から毎年セミナーを開催し、常に早期満席となる。


ぺージの先頭へ