馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 一般診療科目のご案内 > 一覧 > 高齢者歯科
一般診療科目のご案内

高齢者歯科

加齢に伴う心身の変化による疾患、歯の喪失、噛む力の低下など、リスクを抱えがちな 高齢者の方のお口を、各自の状態に合わせて専門的に診療します。

当院には、スタッフとして昭和大学高齢者歯科学講座助教授 北川 昇がおり、彼は、補綴治療(入れ歯の治療)のエキスパートとして、インプラント一辺倒になりがちな最近の歯科治療に対し、補綴科専門医としての立場で、皆様の診療に携わっております。また、インプラント治療においても、上部構造(インプラントの上にかぶせる物)の設計、作成、及び調整においては一日の長があります。

日本は世界に誇る事ができる長寿国で、平均寿命は世界一とされています。その平均寿命に健康寿命(病気や怪我等で健康が損なわれている期間を平均寿命から差し引いたものを表します。)を近づける事が大切だと思っております。『生きているから、活きているへ』人生はご自身で、コントロールすべきもので、他から、コントロールされるものではないと思っております。私達医療従事者があたかも、主役の様に振る舞っていたのは過去のことであり、私達は専門的知識を持ったサポーターでしかあり得ないと思っております。

人生の主役、例えるならば航路を決める事が出来るのは、船長である、ご自身です。私達が出来る事は、自分たちの専門分野が皆様の人生に取ってプラスになるようにサポートしてく事だと思っています。

セカンドライフを悠々自適にすごすには、健康である事、そして、美味しく楽しくお食事ができることが大切です。快適なシニアライフのサポートのお役に立ちたいと思っております。

また、加齢に伴い全身的な疾患を持たれた方でも安心して受診できるよう綿密な病診連携等をとっています。聖路加国際病院に隣接する立地条件のもと有病者診療実績は豊富です。


高齢者歯科専門医 昭和大学高齢者歯科学講座助教授 北川 昇
(日本補綴歯科学会認定医・指導医、日本老年歯科医学会認定医)

〔 プロフィール 〕

1984年 岐阜歯科大学卒業
1985年 昭和大学歯学部助手(第二歯科補綴学教室)
1992年 昭和大学歯学部講師(第二歯科補綴学教室)
2001年 昭和大学歯学部准教授(高齢者歯科学教室)
医療法人社団成扶会馬見塚デンタルクリニック非常勤
日本補綴歯科学会 指導医、専門医、代議員
日本老年歯科医学会 認定医、規程委員会委員、評議員
日本口腔インプラント学会 広報委員会委員
日本顎顔面補綴学会 認定医
昭和歯学会 評議員
現在に至る

ぺージの先頭へ