馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 一般診療科目のご案内 > 一覧 > 矯正歯科
一般診療科目のご案内

矯正歯科

審美的な問題だけでなく、歯並びや噛み合わせを治すことでむし歯や歯周病のリスクを減らし、健全な状態で機能できるお口にしていきます。昭和大学歯科病院歯科矯正学教室講師をスタッフに置き、基本的な矯正治療のみならず、口腔外科との連携による外科矯正も相談に応じております。


矯正歯科認定医

金井 美有記

〔プロフィール〕

 

2006年 昭和大学歯学部歯学科卒業
2007年 臨床研修医修了
2007年 昭和大学歯学部歯科矯正学教室入局
2007年 日本矯正歯科学会会員
2007年 昭和大学大学院歯学研究科入学
2008年 日本歯科人間ドック学会 認定医取得
2011年 昭和大学歯学部大学院卒業(歯学博士号授与)
2011年 昭和大学歯学部歯科矯正学教室非常勤
2011年 医療法人社団成扶会馬見塚デンタルクリニック非常勤
2012年 アリビオ矯正歯科クリニック 勤務
現在に至る

昭和大学歯科矯正科非常勤、昭和大学歯科生化学教室講師、ニューヨーク大学留学

須澤 徹夫 (すざわ てつお)

〔プロフィール〕

 

1988年 昭和大学歯学部卒業
1988年 昭和大学歯学部歯科矯正学教室入局
1994年 昭和大学歯学部歯科矯正学教室助手
1997年 昭和大学歯学部口腔生化学教室入局
2001年 昭和大学歯学部口腔生化学教室助手
2002年 昭和大学歯学部口腔生化学教室講師
ニューヨーク大学医療センター博士研究員として留学
2004年 昭和大学に復職
医療法人社団成扶会馬見塚デンタルクリニック非常勤
現在に至る

歯科矯正治療に対する当院のあり方

「不正咬合」は病気なのでしょうか?

歯科検診でも、「不正咬合」というところに丸印のついた「治療のおすすめ」をもらってくる場合があります。そもそも何を基準に検査して「不正咬合」などという病名がつけられているのでしょうか?まず、第一に「不正」ってなんでしょうか?

医療者とは時としてデリカシーというものを失ってしまうように感じます。何を持って「不正」と呼ぶのでしょうか?何を基準に「不正咬合」と診断するのか、どう処置すれば健康と呼ぶのか、実は矯正歯科専門の学会でさえ答えはもっていないといわれているのです。

例えば前歯の歯ならびは悪いが、奥歯はしっかりかんでいたり、ちょっとした八重歯であったりしても「不正咬合」に丸がつてしまう。

しかし、その一方で、スウェーデンのイエテボリ大学(世界的に有名な大学です)歯科矯正学の教授たちが唱えているバイオロジカルバリエーションという考え方があります。

少々の歯並びのでこぼこは人それぞれがもつ個性であって不正ではないというものです。その様なスタンスに立った時、果たして本当に歯科矯正治療が必要な方はどれほどいらっしゃるのでしょうか?どうも医療者や、周りの人達が、「不正咬合」あるいは、歯並びが悪いという診断のもと、患者と呼ばれてしまう人を、創ってしまっていないでしょうか?

しかし、大きくなっても指をしゃぶる癖が残っていたり、爪や舌やくちびるあるいは鉛筆をかむ悪い癖がある、口で呼吸したり、口を閉じる事が出来ずポカンと口を開けている癖がある、乳歯の生え換わりが遅いために大人の歯(永久歯)が別なところから生えている等、それが全体の歯ならびや健全なお口の発達や機能の健全な発育、言語の形成に影響している場合は、「不正咬合」となってもしょうがありませんし、積極的な、口腔育成治療、歯科矯正治療が必要になってくるでしょう。

また、本人や子供の場合に周りの家族が全く気づく事なく、実は噛み合わせや歯並びに問題があり、それを放置したが為に顎の骨の発育に問題が出たり、顎の関節に問題が出てしまう事が少なくないという事です。

この様な状態を早期に判断する為にもかかりつけ歯科医師を(知識が豊富である事が前提です。)持つ事が大切です。

一方、成人矯正においては審美的な事が主訴になることが多いのですが、これもまた難しい問題で、本当にその歯並びが審美的な問題の原因なのか?そして、それは、どこまで歯科矯正治療で治すことが出来るのか、場合によっては他の歯科的治療とコンビネーションが必要になってくる場もあります。

患者様の、様々な背景に基づいて適切な治療方針、方法を選択する事が大切なのではないでしょういか?一つの治療法で全てが簡単に、あるいは確実にそして安全に、解決できると言い切れるとは考えられません。

その為に、当院では、一般歯科医、補綴医、口腔外科医、インプラント医等による合同カンファレンス(それぞれの立場で、患者様の利益を十分に考えた会議をもつ事で)で問題の解決にあたっております。

ぺージの先頭へ