馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 採用情報 > スタッフコメント > 歯科衛生士の職種紹介とコメント
採用情報

歯科衛生士の職種紹介とコメント

歯科衛生士について

臨床歴20年以上のベテラン衛生士を始め、長期勤務者が多いのがひとつの特徴です。
歯科衛生士も、歯科医師同様、様々な講習会等にも積極的に参加し、また歯科医療従事者向けに、講習、執筆活動もおこなっております。スウェーデンイエテボリ大学のポストグラジュエートコース修了者(歯科医師)が2名いることもあり、イエテボリ大学関係者とも密接な関係をもって、様々な研修(国内、海外)に歯科衛生士も参加しています。
新卒から経験者まで幅広く雇用を行い、それぞれのキャリアに合わせた指導もさせて頂いております。
また、勤務者の中には、お子さんを育てながら勤務しているスタッフも多数おり、ママさん歯科衛生士にも働きやすい環境を整えております。
ほとんどの歯科衛生士が、比較的長期に勤務し、結婚後、出産等で一時離職、あるいは産休に入り、出産後も密接な関係を維持し復職してくれています。
離職後数年経過し、お子さんが大きくなって復職するスタッフもおります。その為、お子さん等をお持ちで働きたい方への勤務時間等の条件にも対応しております。

就職していただく以上、長く勤務していただけるような環境を整えることが必要と考えますが、残念ながら、求人に際しての書類審査、面接だけですべてを把握することは不可能です。そのため、可能な限り当院を理解していただくために、見学等だけでなく、一日体験等の機会を設けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

患者層

大規模ビルに開業していますが、乳幼児からご高齢の方まで幅広く、ビル内就労者だけではなく、地域住民、遠方居住者まで、様々です。
また隣接する聖路加国際病院との病身連携のもと、在宅訪問診療、有病者歯科治療も積極的に行っております。

診療

基本的な保険診療はもとより、保険外診療も専門医を中心に行っています。
健康創造型歯科医療を基本理念とし、予防を中心とした歯科医療を歯科医師と共にチームで取り組んでおります。
一口腔一単位という考えをもとに、選択肢の多い治療体系を患者に提供しています。

新卒者を即戦力化することはしていません。未経験でも心配はいりません。学生時代の知識、実習経験を少しずつ実践に生かすべくステップバイステップで、じっくり学び、確実に育つということを大切にしています。
基本的に就職後、約2年間のカリキュラムで、担当配属になるように指導しています。

既卒者は、それまでのキャリアを十分尊重し、また、転職の理由を十分考慮して雇用し、必要に応じて教育しています。

教育

経験の有無にかかわらず、知らないこと、出来ないことを恥ずかしいことと思わないでください。
まずは、今の自分を十分に理解することからスタートし、ファントームや抜去歯、相互実習等で、十分な研修ができます。

歯科衛生士:浅見 香菜子

短期大学を卒業後、大学に編入し、馬見塚デンタルクリニックに入社して一年が経ちました。私が当院を選んだ一番の理由は、訪問診療を行っていることでした。私は以前から訪問診療に興味があり、就職の見学の際に実際にケアをする先輩を見て「これだ!私もこういう仕事がしたい!」と思ったことを今でもよく覚えています。また健康創造型医療を方針に予防にも力を入れていて、歯科衛生士の予防処置のための時間がきちんととられていることも当院を選んだ理由のひとつです。
実際に働いてみて、スタッフ全員が仕事に対してプロ意識を持ちとても一生懸命なことに一番驚きました。患者さんのお口の中の健康に貢献したいという思いが強く、どのようにしたらいいのか一人一人が真剣に考えている姿勢は、本当に素晴らしいと思います。先輩方に日々技術的なことを指導していただいたり、また仕事とはどういうものなのか教えていただいていますが、つらいことや壁にぶち当たることばかりで仕事の厳しさに、帰り道に悔し泣きをすることもたくさんあります。しかしそれは患者さんのため、私のためを思って指導してくれているのでとても感謝しています。
私はまだ経験が浅く、訪問診療も予防処置も行っていません。しかし勉強や練習、経験を積んで、いつか先輩方のような歯科衛生士になりたいと思っています。

平成22年3月退職


歯科衛生士:一之瀬 くに子

学生の頃に、臨床では予防医療や歯周治療に積極的に取り組む医院で働きたい!!と思い馬見塚デンタルクリニックの門を叩きました。
「予防治療」「歯周治療」、最近ではメディアを通してよく耳にする言葉ではないでしょうか。この分野は歯科衛生士が活躍できる最良の場だと思っております。そして、こうした診療を行う事でみなさんが『おいしくお食事ができる。ハミガキしても出血しない。』などなど・・・。歯科衛生士として少しでも多くの方々のお口の健康をつくる、又は維持するためのお手伝いができればと心から思うようになりました。
私は現在、日々の診療の中で念願であった歯周治療(歯石除去やハミガキ指導)や予防診療(カリエスリスクテスト=むし歯のリスクを調べる唾液の検査やPMTC=お口の健康を守るためのクリーニング)を行う他、訪問診療(寝たきりの方のお宅へ伺いお口の清掃などを行う)に携わっています。歯科衛生士としてとてもやりがいのある仕事をさせて頂いています。しかしそれは、責任という少し重いプレッシャーのようなものが伴う事を意味します。ですが、私は今、歯科衛生士としてとても充実した日々を送っています。
これからもスタッフと共にみなさんのお口の健康のために最良の医療を提供したいと思っております。


歯科衛生士:太田 知歩

私は学生の時、実習生としてお世話になり、卒業後そのまま就職させて頂きました。
就職をして2年程勤務した時、体調を崩し働く事ができなくなり、一度退職をしました。
養生の末、体調も良くなり、歯科衛生士としてもう一度馬見塚デンタルクリニックで働きたいと思い、現在は週3日の非常勤ではありますが復帰させていただきました。
馬見塚デンタルクリニックでは、まずアシスト業務を身につけます。その後、歯周治療や予防歯科(PMTC)の技術を身につけていき、患者さんの担当につける衛生士として1人立ちしていくのです。
私は、担当の患者さんをもてるようになる前に、一度退職をしてしまったので、現在、自分自身での勉強はもちろんのこと、技術面では先輩方に指導していただいている最中です。
院内では、週に2回ミーティングの時間を設け、その中でインプラントや救命救急など、色々な事を勉強し、院内全体で知識を高め合っている医院です。


歯科衛生士:大山 有希子

私は平成15年より馬見塚デンタルクリニックで歯科衛生士として勤務しております。
当医院はスタッフ一人一人に自分で判断し行動する力が与えられており、責任感のある仕事ができ、とてもやりがいのある職場です。歯科衛生士としても一人の人間としても成長できるところです。
スタッフが一団となって患者様の立場に立って考え、最善を尽くすよう努めています。
当医院は二年の新人教育期間を経て、患者様を担当することができます。二年の教育期間だけでなく、その後も定期的に勉強会を行うなど、日々技術・知識の向上にスタッフ全員が励んでいます。プロフェッショナルとして私たちの知識や技術により患者様の生活が豊かになるお手伝いができればと思っています。


歯科衛生士:岡 いつみ

馬見塚デンタルクリニックは、衛生士の仕事のやりがいを感じられる医院だと思います。 学生の頃の勉強や実習では、実は衛生士の仕事にあまり魅力を感じていませんでした。馬見塚デンタルクリニックに入社した当時、衛生士はこんな仕事もできるのかと驚き、自分もここのスタッフと同じようになりたいと思ったのを覚えています。
現在は、インプラントチームとしての役割が果たせるようになり、チーム医療の大切さを日々実感しています。
チーム医療とは、患者さんのためだけではなく、私たちスタッフ(チームメンバー)の成長のためでもあると思っています。ぶつかる壁は沢山あるかと思いますが、一緒に乗り越えてくれるスタッフを募集しております。


歯科衛生士:押切 弥奈

私は、歯科衛生士学校を卒業後、馬見塚デンタルクリニックに就職しました。
学生時代の実習期間から馬見塚デンタルクリニックにお世話になっており、その頃から感じていたのが、スタッフのエネルギッシュな姿勢と患者さんとして来院される方への誠意でした。
学生の頃の私は、緊張性で、人と接する事や、人前で話す事、自分を表現する事がとても苦手で、人の陰にかくれる性格でした。
学生実習生の担当をして下さった、当時の歯科衛生士長や先輩衛生士の方々は、通りいっぺんの指導ではなく、仕事一つ一つに意味がある事や、自分が行う事には、責任を持つ事を教えて下さいました。そして、患者さんが馬見塚デンタルクリニックの扉を開けた瞬間から、治療を終えて出られるまで、プロの目を持ち、来院される方の立場にたつ事。そして人と人との繋がりをとても大切にしている医院だと学びました。入社を決意したのは、ここで働けば、自分が変えられるかもしれないと思ったからです。

現在は診療室で担当の患者さんを持ち、また訪問診療にも携わっています。訪問診療に関する講演会で発表も経験しました。患者さんはもちろん、聖路加国際病院 訪問看護ステーションの看護師の方や、他職種の方と接する機会があり、いろいろな方との出会いが、人間性を高めていく事につながっています。診療室をあけ訪問診療へ出かけるには、院内スタッフの協力があってこそできる事です。
自分の仕事だけではなく、周りの状況を判断し行動する。簡単な事ではありませんが、常に心がけ取り組んでいます。院長はよく私達に、『人の成長には負荷が必要だ。』と伝えています。私達は、患者さんの口の健康を守る仕事をしているのですから、自分に必要な負苛をかけ、日々の診療に活かせるよう勤めています。
まだまだ自分に足りない面がたくさんありますので、つまずく事もありますが、それをバネに向上心の持てる職場だと思っております。

平成24年1月より産休中、現在に至る


歯科衛生士:笠原 裕子

結婚、出産で一度退職をしましたが、約三年のブランクを経て復帰、平成20年3月より約1年間、出産のため産休をいただき、再々復帰いたしました。
子供の急な体調の変化で、休みがちになってしまうこともありますが、院長をはじめ、スタッフ皆が理解をしてくれるおかげで、勤務を続けることが出来ています。

当医院はオフィスビル内にあるため、会社員の方の来院が多いのでは・・・と思われがちですが、患者さまの年齢は幅広く、近隣に住む子供から、車椅子使用の高齢者なども来院されています。
時には母としての目線で子供をあやしたり、妊婦さんへの衛生指導をしたりと、私生活の経験も生かせ、充実した毎日を送っています。
スタッフの年齢層も幅があり、若い子達からも色々な刺激やパワーを貰っています。
経験年数に関係なく、一緒に楽しく勤務してみませんか?

平成25年11月より産休・育児休暇中、現在に至る


歯科衛生士:佐野 信子

衛生士免許を取得後、いろいろな歯科医院を経験し4件目に馬見塚デンタルクリニックに開業スタッフとして勤務し始めました。途中出産・育児の為3年程ブランクがあきましたが、現在非常勤衛生士として復帰し、勤務しています。
衛生士学校を卒業後すぐに勤めたのは少人数の個人開業医でしたので、次第に多くの衛生士と共に働きたいという希望を持つようになりました。その中で一緒に考えお互いに情報交換や技術の磨き合いをしたいと思っていました。その思いを実現できたのが馬見塚デンタルクリニックでした。お互いを刺激し合える職場に長く勤める事ができたのは、自分にはとてもラッキーだったと思います。大勢のスタッフの中で衛生士としてだけでなく社会人としても成長できたと思います。
馬見塚デンタルクリニックでの衛生士業務は多岐にわたり衛生士としての力を最大限に発揮できる職場だと思います。もちろんそれには努力も不可欠ですが、協力・理解してくれる先輩もたくさんいます。時には厳しい場面もありますが、患者さんのお体を預かる医療人としては必要な事と考えます。しかし、自分が努力した分、患者さんから信頼して頂く事もできますし、なによりも自分の行なった仕事に対して患者さんから感謝の言葉を頂ける事、そして口腔内の状態が改善された事に患者さんと共に喜びを分かち合える事が、この仕事の魅力ではないでしょうか。

平成21年6月より育児休暇中、現在に至る


歯科衛生士:早川 幸

私は平成19年の秋より、馬見塚デンタルクリニックで勤務しております。勤めるきっかけになったのは、以前勤めていていた医院の院長先生の紹介と、馬見塚デンタルクリニックの経営セミナーに1度参加したことがあり、全く知らないところではなかったからです。
ただ今まで矯正歯科に携わっていた期間が長く、馬見塚デンタルクリニックでは矯正歯科以外に、一般歯科治療・口腔外科・インプラント・補綴・訪問歯科・予防歯科と幅広い分野で診療をしているため、私にできることはあるのか…不安もあり、正直かなり悩みました。慎重な性格なのかもしれませんが就職するにあたり、何回も見学や体験・患者さんに向けて催される「健康歯考講座」にと足を運びました。院長と何回か話す機会もあり、健康創造型歯科医療という考え方に共感を覚え、またスタッフに対する思いを知り就職することを決めました。
歯科衛生士歴は少々長いのですが、勉強することも多く、新しい経験を積み、改めてこの仕事の魅力に気づかされる毎日です。スタッフが多いので時には意見が喰い違うこともありますが、それぞれの得意な分野や特技を生かし共鳴しあうことで、患者さんのお口の健康のため、スタッフの一員として魅力ある医院づくりができればという思いで働いています。


歯科衛生士:矢須 智恵

衛生士校を卒業してから十数年経ち、ずっと衛生士として勤務してきました。馬見塚デンタルクリニックは私にとって4件目の勤務先になります。
それまでの勤務先では歯科医師の元、『アシスト業務、スケーリング、TBI』などをただ言われた通りに行っていました。
当院に入社して『歯科医院によっては、こんなにも違うの?』とすごく考えさせられる日々でした。
一般治療だけでなく、訪問診療、インプラント治療、予防歯科を行っていたという事もそうですが、一番驚いた事は患者さん一人一人に対する姿勢、治療計画、考え方など今まで私には全く無かったものがありました。
・ 一人一人の患者さんのBestを考え、治療する。
・ 治療するだけでなくどうしてそうなったのか、原因を考え今後のアドバイスをする。
・ その人の為に何が出来るか・・・
・ それぞれが個々に考え、医師と衛生士とで意見を交換し合うなどです。
最初は思う様に出来ず、『中途ではなく新卒だったらどんなによかったんだろう・・』と思いつらい時期もありました。
今でもまだまだいろんな葛藤はあります。ただ衛生士としてこれだけやりがいのある職場は他にないと思います。
現在は、産休を経て非常勤として復帰、子育てとの両立に奮闘の毎日ですが、当院で働けて本当に嬉しく思っています。


歯科衛生士:我妻 里枝

私は社会人として歯科とは全く関係のない世界にいました。羽田空港を所有する会社に5年間勤務した後、手に職をつけて長く続けられる仕事をしたいと思い、2年間の歯科助手のアルバイトを経て、DH学校に入学しました。
就職活動は29才の歳でした。その当時、DH学校の求人案内を見ていると、年齢制限で既に条件から外れていることがほとんどでした!!そんな中、MDCの求人票は年齢制限がなく、人間性を重視していることが伝わる内容でした。
見学した時にはスタッフの多さに驚き、また診療中の風景のいたるところに『プロフェッショナル』を感じたことを今でも覚えています。自分がこの場にいられるのだろうか?と思いました。面接の時、新人教育の期間が2年間あると聞き、一から学べる環境であることから、本当の意味でのDHの仕事ができるようになりたいと、MDCに入りました。
あれから数年が経ちますが、院長の理念に共感するだけでなく、自分自身が健康創造型の歯科医療を望み、患者さんと接する前向きなスタッフに囲まれ、日々を過ごしています。現在、私には娘がいます。1年間の産休を経て、現在は非常勤で勤めております。
子供が突然の発熱で休まなければならなかったり、保育所から連絡が入り仕事途中で帰らなければならなかったりしたことが何度もあります。仕事をもつ母が誰しも通る道ですが、思うように仕事ができない時は焦りもでます。そんな時、『お子さんの具合はどうですか?』『早く帰ってあげて下さい』などの言葉に何度も励まされました。そんな、とてもあたたかいスタッフです。
出産後、復帰してから勉強を始めたインプラント治療ですが、現在はインプラント主任をしております。当院には、年齢やキャリアに全く関係なく、勉強する環境が常にあります。また、治療だけでなく、患者さん向けの講座を開催したりと、本当にたくさんの経験ができるところだと思います。
私たちと一緒に頑張ってみませんか?


歯科衛生士:和知 直美

馬見塚デンタルクリニックに入社し、今では勤続年数が一番長い衛生士です。
私が当医院で働こうと決めたのは設備やスタッフ数、規模ではありません。
面接の際、当時歯科衛生士としての経験が1年足らずもの私に院長は『歯科衛生士としてどういうことがしたいですか。』と聞きました。
この一言に大きな『可能性』を感じたのです。馬見塚デンタルクリニック、そして自分自身の。
その予想どおり歯周治療、カリエスフリープログラム、訪問診療、インプラント、どれをとってもやりたいと思ってことが実現できています。そして、その過程には常に『患者さんにとって何が最善か。』という思い、行動がスタッフ全員にありました。
受付、サプライ、歯科医師、事務、歯科衛生士、それぞれが自分の役職、立場を超えて良い医療を提供、追求していく姿勢が馬見塚デンタルクリニックにはあります。現在も、その気持ちは変わらず大きくなる一方です。
私たちが一緒に働きたい、求めている人材とは、まず歯科の専門家としての知識や技術を持ちそれを向上し続けることはもちろんですが、それだけでは人と接する仕事はできません。一般教養、他分野など幅広い勉強が必要だと思います。
ただ何よりも人に対する思いやりがあってのこと、その気持ちが一番大切だと考えています。
その気持ち、やる気、向上心がある方と総合力No1の医院にしていきたいです。

平成20年10月より育児休暇中、現在に至る


ぺージの先頭へ