馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 馬見塚デンタルクリニックのご案内 > お支払いについて
馬見塚デンタルクリニックのご案内

お支払いについて

保険診療と自費診療

当院では、ご希望により保険診療、自費診療のどちらも受けて頂くことが可能です。

基本的に、院長、専門医は自費診療をおこなっております。

保険診療は、日本の保険制度の定めに従っておこなわれております。また、自費診療は、知識、技術、材料、器材等、当院のスタッフが、研鑽を重ねた中から、皆さまにとって本当に有意義であり、安全で安心して受けて頂ける治療を行っております。その為、スタッフは日々の研鑽を怠らず、様々な講習会、勉強会、院内実習、海外研修等に参加し、また、我々の持つ情報、知識、技術を歯科医療従事者、学生等に発表、指導することを行っております。

保険診療と、自費診療に関する当院の考え、

保険診療については、基本的に国民が皆平等に定められた医療を受けることができるという点で、良いシステムだといえます。先進諸国でも歯科の治療は、医療保険に十分に組み込まれていない国が少なくありません。その点では日本は恵まれているかもしれません。

反面、保険診療では、現代の世界的なレベルの良いと思われる治療や予防的な治療は受けることができないという問題点があります。

具体的に言いますと、

保険には定められたルールがあり、それを無視する事ができません。つまり、一定のレベルの治療をほどこす必要があります。例えば、私たちの裁量がきかないことも存在します。そして、この保険医療のシステムは、定期的に改定されてはいますが、進歩著しい現代の医療を反映しているとは言い難いのです。まして、昨今の事実上崩壊状態の医療、年金システムを考えると、国民に対して十分な医療が給付できるような財政でないことは確かではないでしょうか?

つまり、保険診療は、財政的にみて、優れた医療を提供できる状態ではありません。

ですから、現時点では、患者に対して、優れた治療、患者の希望どおりの治療、そして、医療者が日々研鑽したより良き治療を提供できるものとは言えないこともご理解いただきたいのです。

また、保険診療には、システムにも問題があります。

保険制度の前提には、そこに疾患が存在しなければならないのです。レセプトに病名の無いものは存在しない。つまり疾患を有する患者さんを診る事はできても、健康な人が病気にならない様にアプローチする事は基本的に保険制度では認められていないのです。このような問題については「現代の歯科医療の問題点」にも掲載されています。

すなわち、予防は、自由診療になってしまうのです。

歯科の二大疾患である虫歯の治療も歯周病治療もそのほとんどが、完全な治癒は望めない事は周知の事であり、治療学、診断学、材料学がいくら進歩したといえ、我々が行なえる治療には限界がある。治療中心主義による弊害も出尽くした感があります。本来の健康な状態に勝るものは今の所、存在しないと考えています。だからこそ患者さんにとって最高最善の医療とは、予防を中心とした歯科医療、われわれが提案する健康創造型歯科医療になると考えています。また、もし治療をするのであれば、病気を引き起こした原因を検査し、その原因にアプローチし、それを踏まえて、私達が出来得る最高最善の医療を提供したい、それこそが真の歯科医療のあり方だと考えています。

しかし、それを全て保険制度の中でまかなうことは、残念ながら出来ないのです。

当院の自費診療のコンセプトは、「予知性をもって、患者様の事を本当に考え、クオリティが高く、安全で、充実した医療を丁寧に施す」です。言いかえれば、「今自分たちが持っている知識、技術、薬剤、材料、設備を個々の患者さんに合わせ、最適なものとして提供する」ことを目指しています。これが自費治療のあるべき姿だと考えています。その為に、数多くの研修、トレーニングへの参加、器具、設備の充実、優秀なスタッフの確保をおこなっています。

例えば、自費診療 保険診療との違いというのは、使われる材料や色(金、白金、ポーセレン(瀬戸物))だけではなく、クオリティ(適合性等)が重要と考えます。適合性とは詰め物とご自身の歯との境の部分がいかにピッタリしているかを言い、肉眼ではほとんど段差のない状態に合わせて、限り無く天然の歯に近付けてムシ歯の再発や歯周病の発生を防ぐ事が重要で、それには高度な技術と特別な材料が必要となり、健康保険の範囲を超えてしまうのです。また、使用される材料は、その安全性を確保する為に十分な基礎研究がほどこされ、EBMに乗っ取ったものでなくてはいけないはずで、その為にはコストがかかったとしても、安全性を優先するべきだと考えます。

当院の自費治療には症例経験豊富な歯科医師が担当し、歯科技工士も歯科技工士を教える立場にある、技術、知識に秀でたスタッフが担当します。また使用される材料は安全性、信頼性等が、認められたものを選択しています。

日本の歯科医師の数は多く、世界的にみてその質も十分なはずです。ところがこの恵まれた条件にもかかわらず、皆様の口の中はムシ歯や治療済みの歯が沢山で、健康な歯の数は世界のレベルほど遠い状態にあるという問題があることを、「現代の歯科医療の問題点」のページで述べさせて頂きました。

欧米で歯の治療を受けた場合の治療費と日本の治療費を比較すると、たとえばアメリカで、ムシ歯の詰め物の治療(金属を詰める)を受けると日本の約18倍、むし歯を白い樹脂で詰めたら約9倍、歯の中の神経の治療は18.5倍もかかるというデータがあります。

治療費が欧米に比べて安いのは、保険制度の違いによるばかりではありません。自由診療のメタルボンドクラウン(差し歯)を比較しても、アメリカでは平均で、約2倍かかります。

そして、歯科の受診患者数は外国の平均よりかなり多く、日本の医療は薄利多売傾向(表現が適切でないかもしれませんが)にあるかもしれません。つまり安価な治療を何度も頻繁にくりかえしてしまっている可能性があります。

これが日本の保険診療の一面を現しているように思います。

自由診療とは書いて字のごとく、保険の制約を受ける事無く自由に行なう診療を現しています。

では、日本の保険制度の制約によって失われた自由とはなんでしょうか? IT化が進んだ現代において、日本国内のみならず世界中から最新、最善の情報は容易に獲得出来ます。進歩の著しい歯科医療と保険制度の間には矛盾も多く存在しています。その矛盾を私達は失った自由と感じているのではないでしょうか?

その矛盾を排除し、自分たちの知識、技術を思う存分屈指することができる医療が、自由診療なのだと私は考えています。また、言い換えれば、自由という権利を得た以上本当に患者さんにとって最高最善の医療を提供する義務が発生する事になるとも考えます。

そして、自由診療とは、最終的に各医院の歯科医療に対する理念の現れといえるのではないでしょうか?各医院がそれぞれの地域において実践しようと日々努力されている歯科医療を具体化するための根幹となるものが理念であると考えます。

当医院の理念は、予防を中心とした歯科医療、健康創造型歯科医療です。病気を未然に防ぎ、健康な状態を維持するためのサポートをすることが、また、もし治療をするのであれば、病気を引き起こした原因を検査し、その原因にアプローチし、それを踏まえて、私達が出来得る最高最善の医療を提供したい、それこそが真の歯科医療のあり方だと考えている。

しかし、保険制度の前提には、そこに疾患が存在しなければならないのです。レセプトに病名の無いものは存在しない。つまり疾患を有する患者さんを診る事はできても、健康な人が病気にならない様にアプローチする事は基本的に保険制度では認められていないのです。

よって、予防は、自由診療になってしまうのです。二大疾患であるう蝕治療も歯周病治療もそのほとんどが、完全な治癒は望めない事は周知の事であり、治療学、診断学、材料学がいくら進歩したといえ、我々が行なえる治療には限界がある。治療による弊害も十分に理解しているはずです。本来の健康な状態に勝るものは今の所、存在しないと考えています。だからこそ患者さんにとって最高最善の医療とは、予防を中心とした歯科医療、健康創造型歯科医療になると考えています。

もしも、後始末治療をしなくてはいけないのならば、その治療はクオリティの高いものを、丁寧に施したいとほとんどの歯科医が思っているのではないでしょうか?しかし現実には保険制度という制約の中、低い評価で回数をこなす医療を強いられてしまっている状態なのではないでしょうか。


診療費のお支払方法について

診療費のお支払方法について

治療を受けた当日に窓口でお支払いください。

お支払いは、お現金のみとさせていただいております。


自費診療のお支払いについて

基本的にご契約の内容に準じお支払いください。

お支払いは、お現金・クレジットカード(VISA , Master , Diners Club , JCB , American Express)・お振込からお選びいただけます。

また、デンタルローンの取り扱いもございます。詳しくは当院受付までお問い合わせください。


衛生用品のお支払いについて

お求めになられた時点で窓口でお支払いください。

お支払いは、お現金・クレジットカード(VISA , Master , Diners Club , JCB , American Express)からお選びいただけます。

ぺージの先頭へ